資料 〜記憶と占い結果の比較〜

【記憶】
 こちらは私が宿曜占星術を全く知らない頃、退行催眠で見た“自分の過去世”のイメージです。

・戦乱(内戦)の時代に出生。死ぬまで戦乱の時代
・君主の側近、補佐役、大臣
 ↑兼務↓
・国家戦略や戦争の作戦を考える仕事
 (いわゆる参謀。ただし戦場で策を囁く一般イメージの参謀ではなく事務方の内勤)
・コミュニケーション下手、説明下手、このため君主の死後は周囲との軋轢を生んだ
・一人で全責任を負い、仕事を抱え込み過ぎ…… 
 
⇒詳しくはページ下


【宿曜結果】
 宿曜占星術で占ったところ、私は「壁宿」でした。壁宿の特徴は以下の通り。

・代表的な参謀星
・補佐役、女房役に適する
・君主に可愛がられ出世する
・絶望的にコミュニケーション下手
・隠遁癖あり、自分の殻に引き篭もりがち
・情にもろい、おだてに弱く利用されやすい
・自己犠牲に徹する
・一人で責任を抱え込みがち

以上、
 「占いは誰にでも当たるようなことを言って当たっているような気にさせているだけ」
 とよく言われますが、さすがに「参謀」という具体的な職務の指摘は誰にでも当てはまるということはないでしょう。
 他の項目もあまりにもピンポイントに“記憶”と合致しています。

※前世の痕跡は宿だけに表れるわけではありません。ホロスコープ全体を見ればより詳しく前世の痕跡を読み取ることができます。⇒例、筆者ホロスコープに表れた前世の痕跡
ホロスコープは人が生まれる前から完全に脳の外部の情報として存在しています。このため、もし出生ホロスコープに前世記憶との共通項がある場合は、その記憶が妄想や潜在記憶である可能性がゼロとなります。また、浮遊していた他人の霊魂に憑依されていないことの証明にもなるでしょう


 参考: 
 一般的な占星術(月星座の12分類)で「前世占い」をすると私の場合、このような結果が出ます。

 〔ある「前世占いサイト」の解釈〕


■宇宙の真理を解き明かそうとした、天才科学者■

 あなたの前世は斬新な発想で世間を驚かせた学者でした。
 天才であり才能豊かでしたが、あまりに社交性がないために、なかなか就職ができませんでした。…
 (そして孤独のうちに世を去る。死後、論文が認められ大きな評価を得た)


 当たらずも遠からずといったところでしょうか。

 12星座では確かに上のように解釈することが正しいですし、「変わり者」「社交性がない」など性格の本質は当たっています。(原典が共通ですので当然に宿曜占星術の結果とも符合します)
 これでも漠然とした個性を分析するには充分かもしれません。

 ただし“現実の前世”を推測するという目的から言えば、少し不十分にも感じられます。
 27分類の宿曜占星術のほうが具体性あり、的中の精度が高いようです。


★前世を見るための退行催眠のやり方はこちらをご参照ください。
http://kslabo12.yokochou.com/zensetaikou.html

上の催眠を試してみる方は、注意事項をよくお読みください。
また医学博士であるブライアン・L・ワイスの著書には必ず目を通してください。

全ての人が前世を思い出す必要はありません。
わざわざ霊視能力者の看板を叩いてまで、無理やり知る必要はないものです。
思い出すべき人は、上の方法で簡単に思い出すでしょう。

もし前世が見えた後で、それが現実かどうか検証したい方は、現実の記録を調べると同時に下記の占いにて確認してください。
 ⇒現実を調査してみる
 ⇒宿曜前世占い

 


【筆者の一つ前の人生について】

 前世記憶詳細はこの小説で描き、出版中。
 
※この小説のストーリーはフィクション設定を含みますが、付録に実際見た前世イメージの詳細を掲載しています。
 Kindle 

 
退行催眠〜現実調査までの体験はこちらの小説で細かく表現しています。
 Kindle パブー(試し読みあり)

 この前世は一つ前ですので、現世にも深く影響しているようです。
 筆者のホロスコープ全体にもこの前世の経験が刻まれています。⇒ご参照ください。 

 この人生では現実の能力以上にチヤホヤされ、そのために激しく苦しんだという経験を持ちます。
 現世でも確かに子供の頃は「頭がいい」とチヤホヤされました。その恐怖のあまり、勉強放棄して成績をわざと下げるという奇行に及んでおります。
 また、現在の家柄や家族関係なども記憶と共通項があります。

 このように、退行催眠で見た前世記憶が本当に自分自身のものであれば、現世の事実や出生ホロスコープ・「宿」に必ず投影されています

注意: 「現世の事実に投影されている」とは、たとえば家柄の格が前世と似通っているとか、兄弟関係が似ているという程度です。つまり、流れとして環境を受け継いでいる、という意味になります(これは理由もなくいきなり運命が変わることはないからです。ガイドからの指示によって、環境チェンジにトライすることはあるそうですが)。魂が前世と全く同じ課題を繰り返すことはあり得ませんので、出生地・家族や兄弟との年齢差が前世と100%一致することはありません完全一致する場合はむしろ不自然ですから、「転生」ではなく他の理由(他の魂が同じ役回りを選ぶケースなど)と思います。魂の転生かどうかを判断する場合、完璧な数の一致にはこだわらないでください。
むしろ重要なのは人格(根本的キャラクタータイプ、考え方のパターン)に共通項があるかどうかです。学習能力や体力など数値により測定可能な要素は魂エネルギーを現世にどのくらい持って来るか(あるいは選んだ肉体のスペック)によって決まりますから、前世と今世で数値が異なる場合があります。

 現世の自分にそのような名残りがなく、ホロスコープに欠片の影もなければ、
・幻視CDや脳機能障害によるただの幻覚
・憑依されるなどして他の人の記憶を観てしまっただけ
 このどちらかの可能性が高いでしょう。
 現世のホロスコープと記憶を照合したい方は、記憶を添えてご相談ください。




余計なことながら、一部の中傷好きな方へお願い
筆者が前世の話をすると「有名人の名を騙って利益を得ている詐欺師め!」とヒステリックな誹謗中傷に及ぶ方がいます。
どうか冷静なご判断を願います。このサイト上に有名人を騙る文言はないため、検索でアクセスを稼ぎ金儲けをすることは不可能です。
また、実際に私が前世の話をして得た利得はゼロどころか激しくマイナスです(笑)。
この件に関して私は人生を犠牲にし続けています。もし私が利益を得る目的で前世話をするなら、マーケティング調査をし本当に日本でメジャーで金儲けにつながる有名人を選び、一般的にイメージされているキャラを演じてウォッチャーたちの興味を誘うでしょう。
私にはそのような器用な真似はできません。実際していません。どうか事実を見てください



なお筆者にはこの他にも膨大な前世記憶がありますが、他は無名で地味な人生ばかりで検証不能でした。文字通りの「無名」、親に名前も付けられないまま赤子のうちに死んだ人生も数多くあります。
「吉野さんの前世は派手な人生ばかり!」と思う方はこちらもお読みください。→『本物の前世記憶なら、貴族のイメージは1%に過ぎない