×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


十二星座に表れる知能

先日頂いたご質問のなかに“知能”に関するものがあり、考え込んでしまいました。

はたして、十二星座中もっとも賢い星座はどれか!?

これは難問と言うより、お答えすることが不可能なご質問だったと思います。
知能の高い低いを数値化し、ランキングすることは占いでは難しい。
何故なら、そもそも「知能とは何か」という定義が占いでは一つに定まらないからです。

占い以外でも似たような状況かもしれません。
多くの日本人が神託のごとく絶対視しているIQテストでさえ、実は知能を測る指数としてはほとんど無意味(特に成人に対しては)と言われていることをご存知でしょうか。
これはIQテストの問題を解く能力が訓練次第でどうにでも変化するから、ということが第一の理由のようですが、それ以上に知能とは何かの定義が定まらないためと思います。
定義が定まらないまま行う試験の数値は無意味でしょう。
たとえば「知能とはIQテストを解く能力のことである」と定義するなら、IQテストの数値も意味を持ちます。しかし世の中はIQテストが解けるだけで渡って行けるほど甘くはありません。IQテストを一問解けば幾ら、と報酬をもらえて食べていけるなら別ですが。
IQテストで高得点を占めている数列やパズルクイズ的な問題を苦手とする人でも、職能に優れ職場で賢いと呼ばれる人がいるはずです。交渉事やコミュニケーション能力、処理能力等の実社会で必要とされる能力はなかなかIQテストの数値に反映されないものと思います。

このように同じ定義での知能の優劣は数値化しランキングすることが可能でも、違う定義の知能の優劣は比べることは不可能です。

西洋占星術は特に、この「定義(能力ジャンル)の違い」そのものを明確にし分類することが目的であって、優劣の比較は想定されていません。
十二星座にはそれぞれ得意とする分野の能力があります。そのなかで、特に“知性的”と言われている星座があることは確かです。ただその知性の種類も各星座ごとに異なっています。

以上のことを踏まえたうえで、あくまでも一般的に“知性的”と呼ばれている星座とその知性の種類を挙げてみます。




知性に関わる星座

ここから下に書く「星座」とは、雑誌の占いなどで言われている「太陽星座」のことではないので注意して下さい。
私の経験上、雑誌で言われている太陽星座で能力を見ると大きくハズレてしまうようです。

人の能力は、主に
アセンダント(基礎能力)×(幼少期から得意な分野)×MC(社会的能力、現世の職能)
の掛け合わせで調べるとかなり正確に分かります。

さて、以下が一般に“知性的”と呼ばれる星座です。

・双子座
・乙女座
・天秤座
・水瓶座

各星座の能力と特徴はこんなところ、

【双子座】…実務能力、処理能力に長けています。交渉・折衝能力があるところからコミュニケーションの星座とも言われます。現実的な能力がありますので対外的に有能さが伝わりやすく、職場で最も知的と見られやすいでしょう。難点として現実主義に偏り過ぎる傾向があり、無駄なものを切り捨てようとします。このため人間味に欠けると言われることがあります。

【乙女座】…明瞭な分析力があり、緻密な計算に優れています。細かなデータや数字に強いのがこの星座の特徴です。細部をおろそかにしない職人気質の星座と言えます。もともと分析力があるうえ、自分を磨く努力を惜しまず何事も徹底して突き詰めますので仕事に信頼性があります。少し神経質過ぎるところがあり、自分の考えに固執しがちなところが難点と言えます。

【天秤座】…ひとことで言えば学者肌です。学究精神があり、観察力にも優れています。他者はもちろん自分さえ客観視し、集団の考えに基づく判断をします。この特性からよく言われるように法律家・裁判官には向くでしょう。いっぽう主観で考えることが苦手で、判断基準を外部(学説や法律、集団規則など)に置くためその基準がなくなると辛いかもしれません。

【水瓶座】…宇宙原理に関わる知性です。自由で公平な発想をします。他者とは違う視点から物を見るため、奇抜と呼ばれる独特のアイデアが湧きます。発明、計画立案では能力を発揮するでしょう。多芸多才で天才的と言われる星座ですが現実対応は苦手です。遠方の真理ばかりに興味が行き過ぎると、現実社会ではほとんど無能に近いただの“変わり者”と見られます。


こんな感じで、それぞれの星座に得意なこと不得意なこと、長所と短所があることがお分かりでしょうか。

ジャンルの違う能力を持つのだから、どの星座が優れていて劣っているということはなく、各星座ごとに得意なことを伸ばして生きれば良いわけです。


なお、ここに挙げた以外の星座に「知能がない」と言っているわけではないので念のため。
たとえば射手座だったら哲学が得意だし、獅子座は演出力、牡牛座は美的感覚に優れ、魚座には芸術的センスがあり、山羊座には政治的才能が……等々というようにそれぞれのジャンルの知能とも呼べる能力があります。

どんな星座も他の星座を蔑むことは出来ないし、羨むことも無意味です。
人と人はお互いに持たない能力を補い合って生きる生物。
自分にない能力を持つ相手を尊敬し合い、助け合って初めて人間はまともに生きていくことが出来ます。
また助け合うことで個人の能力を遥かに超えた大仕事を成し遂げることも出来ます。
そのために我々はこのような数多くの個性を持って生まれて来ているのだと思います。



(話が中途半端ですが今回はここまで。十二星座全ての能力についてはまた次の機会にお話し致します)




12/8/11筆
 ご質問から思いついた話